所要時間 6時間0分
FRAME OUT 編集部
FRAME OUT 編集部

今回は江ノ電に乗ってデートにぴったりのスポットを巡っていきます。旅のスタートは鎌倉駅。2018年1月28日に新規オープンした「チョコレートバンク」でスイーツを食べるところから始めます!そのあとは、江ノ電のフリーパスを使って、長谷・極楽寺・稲村ヶ崎と回り、最後は1日の疲れも癒せちゃう「稲村ヶ崎温泉」で締めくくります!

CHOCOLATE BANK

はじめにやってきたのは、JR鎌倉駅から徒歩約1分の場所あるオシャレなチョコレートショップ「CHOCOLATE BANK」。2018年1月28日に鎌倉駅西口にある御成通りにオープンしたお店で、小町通りにあるチョコレート店「cacao」の系列店です。

お店の名前にもチョコレートが入っているし、もちろん食べるならチョコのものを!ということで、今回はクロワッサンの中にチョコレートが入った「チョコルネ」の「クラシック(540円)」を注文しました。

さっくさくのクロワッサンの中にチョコクリームが端から端まで詰まっていて、どこを切ってもチョコが楽しめます。持ち上げて食べるには大きすぎる?と思って、ナイフとフォークで食べたのですが、さくさくすぎてボロボロと崩れていきます。思い切ってかぶりついたら、こっちの方が上手く食べれました!

お持ち帰りも出来るので、食べ歩きにもOK。チョコルネ以外にもハムクロワッサンやプレーンもあるので、チョコが苦手な方と一緒に行っても大丈夫です。

56m
移動時間
自転車 1分
鎌倉駅 西口

鎌倉の新しいお店で軽く腹ごしらえを済ませたら、次は江ノ電に乗って長谷へ向かいます。本日は江ノ電をたくさん利用する予定なので、江ノ電1日乗車券「のりおりくん(600円)」で購入します。

「のりおりくん」は発行日のみ有効の、江ノ電乗り放題乗車券です。チケットは江ノ電の駅ならどこの駅でも買うことができます。

ちなみに、江ノ電の通常の運賃は190円~300円です。江ノ電を何回も乗って600円以上かかりそうなときは、1日乗車券を購入してしまった方がお得です。ICカードを利用しないので、チャージの心配なく1日を楽しめます!

1.9km
移動時間
自転車 8分
光則寺

長谷駅に到着し、8分ほど歩き1つめの観光スポット「光則寺」にやってきました。拝観料100円を賽銭箱に入れて、いざ中へ!

花のお寺として知られていて、季節ごとにいろいろなお花が見られる…ということなのですが、私の行った2月上旬にはあまり花は咲いていませんでした。うーん、ちょっと残念ですね。

このときに咲いていたのは、素心蝋梅(ソシンロウバイ)という黄色い花とミツマタという白いお花でした。花寺はデートにぴったりの場所だと思ったのですが、時期をきちんとチェックした方が良いですね。

お寺の本堂の前には樹齢約200年というカイドウの木があり、こちらは例年4月頃に開花予定です。満開のカイドウと本堂を一緒に写せたらきっと綺麗でしょうね。春が楽しみです!

240m
移動時間
自転車 1分
Kaedena.

光則寺をひと通り散策したら、お昼ご飯は光則寺の近くにある「鎌倉土鍋ごはん Kaedena(カエデナ)」でいただきます。2月の寒い時期に土鍋のあったかいご飯はとても楽しみです!

ランチメニューから期間限定メニューまで、メニューは全て土鍋ごはん。せっかくの鎌倉なので、鎌倉名物の「釜揚げしらす土鍋ごはん(1,300円)」に決めました。

土鍋メニューには、3つの小鉢とお味噌汁がついてきます。季節によって中身が変わるという小鉢はどれも美味しかったです。白胡麻の練り豆腐は、クリームみたいにとろっとしていて、ゴマの後味が非常に美味。煮物の焼き粟麩は、「最後に食べればよかった!」と思うほど美味しいくいただけました!鎌倉野菜を使ったサラダもあって、どれもご飯のお供にピッタリです。

メインの土鍋ごはんは、自分でお茶碗によそって食べるスタイル。土鍋は熱くないので、手が触れても大丈夫でした(でも、念のため気をつけてください)。しらすがたっぷり入っていて、ごはんはふっくら柔らかめです。ついていた練り梅をつけていただきました。

想像を裏切らず、あったかいご飯を食べれて大満足。量は小ぶりのお茶碗3杯分あったので、男性でもお腹いっぱいになると思います。

1.0km
移動時間
自転車 4分
極楽寺駅

長谷で美味しい土鍋ごはんをいただいた後は、長谷駅から極楽洞トンネルを抜けて、極楽寺駅に到着。

極楽寺駅は、ドラマ「最後から二番目の恋」や映画「海街diary」などのロケ地として有名な場所です。駅には自動改札機がなく、ICカードをタッチする機械だけが設置されてます。

駅舎は「関東の駅百選」にも選ばれており、赤い丸ポストがレトロでいい感じです。

260m
移動時間
自転車 2分
極楽寺

極楽寺駅から1分ほど歩くと、駅名にもなっている「極楽寺」に到着します。山門前の梅は、まだ全開とはいきませんがちらほら咲き始めていました。

ちなみに極楽寺の境内は写真撮影はNG。山門から伸びる参道の両脇には桜並木があり、こちらもまだつぼみ段階でした。先ほどの光則寺もそうですが、春の時期に行ってみると、きれいな花々が見られると思います!

400m
移動時間
自転車 2分
Boulangerie bebe

こちらは極楽寺駅から歩いて1分ほどの距離にあるベーカリー「Boulangerie bébé(ブーランジェリー・べべ)」。極楽寺駅を出て、極楽寺へ向かうのとは反対方向へ歩いていくとすぐに見えてきます。

お店の中に入ると、店員さんが焼き立てのパンを教えてくれます。メロンパンやクリームパンなど定番の菓子パンをはじめ、お総菜パン、チーズを使ったパンなど種類は色々いろいろあります。

焼き立てパンも気になったのですが、この日はホットドッグにかぶりつきたくなり「ハーブソーセージ(260円)」を購入!公園かどこか外で食べようと思っていたのですが、雨が降ってきてしまったのでお店の前にあるベンチでいただきました。パンはもちもち、ソーセージも美味しかったです!

700m
移動時間
自転車 3分
稲村ケ崎温泉

お次は極楽寺駅から江ノ電に乗り、1駅先の稲村ヶ崎駅へ。目指す先は「鎌倉で温泉と言ったらここ」という有名な天然温泉スポット、「稲村ヶ崎温泉」です。

「稲村ヶ崎温泉」は、海の見えるお風呂がおすすめの日帰り温泉施設です。入浴料は1,500円で、プラス500円でフェイスタオルとバスタオルのレンタルができます。

2階にある脱衣所のロッカーに脱いだ服を入れて、いざ入湯!洗い場は6つあって、シャンプー・コンディショナー・ボディソープが備え付けられてます。

お風呂は熱すぎずちょうどいい湯加減です。稲村ヶ崎温泉は黄金の湯とも呼ばれているのですが、手でお湯をすくってみると琥珀のような色をしていました。

湯船の底に行くに連れて色が黒く濃くなっており、湯面は鏡のようで自分の顔も写ります。美肌効果のあるお湯は、とろみのある化粧水のような感じでした。

お風呂からは湘南の海を眺めることができ、天気が良ければ絶景が楽しめます。私が行った日は雨だったのですが、晴れた日にリベンジしたいですね。

ちなみに、脱衣所には洗面台が3つあり、ドライヤー、綿棒、ティッシュ、ハンドソープが常備されていて、場所を譲り合って使う感じでした。がっつりメイク直しは難しいかと思うのでご注意を!

0m
移動時間
自転車 0分
RESTAURANT MAIN

稲村ヶ崎温泉を出た後、すぐ外に出る気にもならなかったので併設されているレストラン「RESTAURANT MAIN」に入りました。

デートで来たときは、同じタイミングでお風呂を出るのも難しいですよね。1階のゲタ箱近くにもベンチは用意されていますが、飲み物が注文できて食事もできるレストランで座って待つのもいいと思います。

2月の寒さだったのですが、温泉のおかげでぽかぽかしていたので冷たい飲み物を…と思い「稲村サンセット(650円)」を注文。オレンジと柚子のノンアルコールカクテルで、お店の椅子に座りながらホッと一息つきます。待ちながらお腹が空いてきたら、そのままご飯を食べていくのもいいですね。

空いていたためか、席は好きなところに座れました。オススメは窓際の席です。大きな窓の向こうには、湘南の海と江の島が一望できます!お昼の時間もいいですが、夕陽の時間も最高ですよ!

Finish
loading...