小網代の森

小網代の森では、約1キロほどの道筋に、源流からスタートし、せせらぎ、小川となり、湿地帯を経て、海の干潟へと至る行程が観察できます。陸地に棲み産卵(放仔)のため海に下りるアカテガニや白いハサミを振り上げて求愛ダンスを踊るチゴガニ、初夏のホタルをはじめ、様々な花や樹々が見られます。
こうしたなか、湿地の再生や外来種除去など、生物多様性の保全・回復に向けてNPO法人をはじめ多くの人が日々取り組んでいます。

谷が開けたオギやヨシ群落を過ぎると、干潟が広がり、チゴガニなどいろいろなカニが潮の満ち引きに応じた営みを見せてくれます。
森の中は、木道があり歩きやすくなっています。自然保護のため、木道や歩道ではない所には、立ち入らないように気をつけましょう。
引橋入口 ⇒ 中央の谷 ⇒ まんなか湿地 ⇒ やなぎテラス ⇒ えのきテラス⇒ 河口干潟 ⇒ 眺望テラス ⇒ 宮ノ前峠入口  (森の行程約1キロ)

小網代の森のマップ、基本情報

マップ

基本情報

神奈川県三浦市初声町下宮田

【4月~9月】8時30分~19時
【10月~3月】8時30分~17時30分

無休

入場無料

小網代の森の口コミ

FRAME OUT 編集部
編集部おすすめコース

小網代の森周辺の食事・観光スポット

マップ

小網代の森周辺のおすすめコース