鎌倉には数多くの梅の名所があることをご存知ですか?

鎌倉の観光名所と呼ばれる寺院、史跡などには実は多くの梅の木が植えられており、2月から3月にはきれいな梅の花が見頃を迎えます。

時期によっては、雪景色、桜、椿、ぼたんの花も一緒に楽しむこともできます。

今回はそんな梅を見るのにおすすめの鎌倉の名所をご紹介します!!

おすすめコース
甘味処
寺社
レンタサイクル
0
FRAME OUT 編集部
そば・うどん
魚介・海鮮
喫茶店
ベーカリー
寺社
0
FRAME OUT 編集部
バー
カフェ
寺社
体験(その他)
自然(その他)
0
FRAME OUT 編集部
大巧寺

「大巧寺」はJR鎌倉駅改札口に向き合うように建っており、駅から歩いてすぐのところにあります。

「おんめ様」の愛称で親しまれ、安産祈願の寺として日本全国及び海外からも多くの方が参詣されております。

境内には季節ごとに咲く花々が、訪れる方の心を癒しております。地元の方が駅への通り道として多く利用されておりますので、ご参拝の際はご注意ください。

大巧寺の基本情報
神奈川県鎌倉市小町1-9-28

9:00~17:00

Closing day

0467-22-0639
鶴岡八幡宮

「大巧寺」から若宮大路を歩いて「鶴岡八幡宮」へ。
参拝に訪れた日は、“厄除大祈祷”が行われていたため、いつも以上の人の多さに驚かされました。

2018年も元気に健康に楽しく過ごせるよう、私も神様にお願いさせていただきたいと思います。

境内では、梅と椿を見ることができました。

梅は一部の蕾が開き始めばかりなので、満開にはもう少し時間がかかりそうです。

続いては鶴岡八幡宮境内にある「神苑ぼたん庭園(拝観料500円)」へ。こちらは1980年に鶴岡八幡宮のご創建800年を記念して開園された日本庭園です。

園内では、約100品種1000株のぼたんが植えられ、冬には“正月ぼたん”を楽しむことができます。
藁囲いの中で咲く姿はどれも可愛らしく魅力的で先日、雪が降ったこともあり、さらに美しさを際立たせておりました。
ぜひ一度足を運んで、その美しい姿をご覧ください。

鶴岡八幡宮の基本情報
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31

5:00~21:00(最終入門 20:50)
※10月~3月は6:00開門

Closing day

無休

【金額の目安】〜499円

(宝物殿)中学生以上:200円、小学生:100円
(ぼたん庭園)大人:500円、中高生:200円

JR横須賀・江ノ島電鉄線鎌倉駅徒歩15分
八幡宮前バス停徒歩1分

0467-22-0315
駐車場

あり(普通車40台)
(利用時間)9:00~19:30
(利用料金)1時間まで600円 以降30分毎300円
https://www.hachimangu.or.jp/carpark/index.asp

雨の日

喫煙所

あり

荏柄天神社

続いては「神苑ぼたん庭園」から10分ほど歩いて「荏柄天神社」へ。

梅の名所としても知られています。境内には鎌倉一早く咲くと言われている“寒紅梅”が待ち構えており、観梅客達を楽しませていました。

鎌倉の梅は2~3月が見頃ですが、荏柄天神社では1月末には見頃を迎えます。春の訪れを早く感じたい方は、ぜひ寒紅梅を見に荏柄天神社へ足を運んでみてください。
ピンク色の可愛らしい寒紅梅に出会えます。

荏柄天神社に訪れたときは、お守りもチェックしてみてください。梅柄のお守りや、早春限定の梅花守(800円)がありました。荏柄天神社は学業でご利益があるということで、合格守袋や学業守袋が目立ちましたが、梅花守は開運・良縁です。合格だけじゃなくて、職場や学校での良縁を願って一緒に購入するのもいいですね。

荏柄天神社の基本情報
神奈川県鎌倉市二階堂74

8:30 - 16:30

Closing day

年中無休

拝観料無料

JR横須賀線鎌倉駅徒歩22分
JR鎌倉駅からバス「天神前」下車徒歩3分

0467-25-1772
御霊神社(権五郎神社)

江ノ電に乗って長谷駅へ。長谷駅に到着したら、線路沿いを5分ほど歩いて「御霊神社」へ。

地元では「権五郎さま」の愛称で親しまれています。

こちらは、白い鳥居の目の前を江ノ電が走るため、撮影スポットとしてもおすすめです。

境内には“河津桜”がありますので、ぜひ江ノ電と一緒に撮影してみてください。

御霊神社(権五郎神社)の基本情報
神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9

9:00~16:00(6月は8:30~17:00)

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料無料
収蔵庫
大人100円
小・中・高生50円

江ノ電長谷駅から徒歩5分

0467-24-3437
浄妙寺

浄妙寺の梅は、門をくぐって、参道の途中にあります。

赤と白が並んで植えられていて、どちらも綺麗に咲いていました。

本堂をバックに、梅に接写して撮るといい感じの写真に!

広々としている境内は雰囲気があって、一眼レフを片手に写真を撮っている人をちらほらと見かけました。
浄妙寺への拝観料は100円です。
広い境内の中にはレストランとカフェがあるので、ランチを兼ねてそちらに立ち寄るのもオススメです。

浄妙寺の基本情報
神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31

9:00~16:30

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料
大人:100円 (中学生以上)
子供:50円 (小学生以下)

鎌倉駅からバスで15分(浄明寺下車)

0467-22-2818
瑞泉寺

瑞泉寺は山の中にあるお寺という感じで、日影が多く、肌寒く感じられるのできちんと暖かい格好をしていくのがいいかと思います。
拝観料200円を払って中に入ると、石段を上っていきます。

瑞泉寺は境内にたくさんの梅が植えられていて見事だと聞いていたのですが、こちらの見頃は2月中旬〜下旬頃の様子。

一本だけ、紅梅が咲いており、青空に見事に映えてました!

もっと多くの梅が咲いたら、圧巻でしょうね。楽しみです!

瑞泉寺の基本情報
神奈川県鎌倉市二階堂710

拝観:4月~9月 9:00~17:00
拝観:10月~3月 9:00~16:30

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料
大人:200円
小中学生:100円

鎌倉駅からバスで10分終点から徒歩15分

0467-22-1191
杉本寺

杉本寺といえば、びっしりと苔がついた階段が思い浮かぶ人も多いと思います。本堂に続く、苔の階段は確かに見応えアリです!

が、境内では梅もちょこちょこ発見できるんです。
まずは、杉本寺の入口、道を通るとすぐ目につくところに梅が咲いています。実は、この咲いている梅を見つけて、杉本寺に入っていきました。

苔ばかり有名になっているけれど、梅も咲いているのかな?と思って中に入って探したら、あちこちに咲いているではありませんか!

拝観料(100円)を払って、最初に上る階段の幟のそば、苔の階段の幟のそば、小さな銅像(?)のようなところにも梅が見かけられます。

まるで隠れるように、ひっそりと咲いているので見逃してしまいがちなのかも。梅を探して「あった!」と見つけるのも、楽しいですね。

杉本寺の基本情報
神奈川県鎌倉市二階堂903

8:00~16:30
※入山の受付は16:15まで

Closing day

【金額の目安】〜499円

0467-22-3463
妙本寺

妙本寺の境内は広く、また瑞泉寺のように山の中にあるようなお寺です。木々に囲まれていて、夕方になると大部分が日陰になってしまうんです。

本堂にお参りして、さらに奥へ進むと真っ赤な二天門が見えてきます。

梅はその先、祖師堂の左手に咲いていました。
境内の大部分が日陰になるのですが、梅が咲いているところは日が当たっていて、梅もぽつぽつと咲き始めていました。紅い梅、白い梅、どちらも見ることができます。

低い位置に枝があって咲いている梅もあるので、写真撮影にもピッタリです。
花開いている梅と蕾と両方が楽しめました。

妙本寺の基本情報
神奈川県鎌倉市大町1-15-1

9:00~17:00

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料無料

JR鎌倉駅東口から徒歩10分

0467-22-0777
英勝寺

鎌倉駅西口からてくてくと歩くこと約12分。まだ歩くのかな?とちょっと不安になりかかったところで英勝寺が見えてきました。

ここは、鎌倉唯一の尼寺と言われているそうです。訪れたときには、受付は女の人が出てくれました。

入り口には3分咲きくらいの梅が青空に照らされていて、はやめの鎌倉の春を感じさせてくれました。

ちょうど中学生の修学旅行生かな?という班行動をしている子供達が「太田道灌だろ!」といっていて、太田道灌の屋敷があったところとも言われています。

今回は梅を目的としてお散歩してみましたが、全体的にまだ3分咲きで、ところどころ日が当たるところが咲いているくらいの状態でしたが、花を愛でる、という日本人の和の心が感じられるスポットでおすすめです。

英勝寺の基本情報
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16-3

9:00~16:00

Closing day

木曜日

【金額の目安】〜499円

拝観料
大人300円
高校生200円
中学生以下100円

鎌倉駅から徒歩10分

0467-22-3534
海蔵寺

英勝寺から歩くことさらに10分くらいでしょうか。ゆるやかな山道を登っていくと、風流で小さなお寺が見えてきました。

この日はちょうど結婚式の写真撮影も行われていて、梅もちらほらとほころんでいます。

四季を通して花が絶えないことから「花の寺」とも、井戸があることから「水の寺」とも言われているそう。

本堂付近ではのんびり日向ぼっこをしながら談笑している方達もいて、のんびり静かな鎌倉を味わいたいときにはぜひ足を運んでほしいです。

海蔵寺の基本情報
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8

9:30~16:00

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料無料
十六井戸のみ100円

JR横須賀線「鎌倉駅」西口から徒歩20分

0467-22-3175
長谷寺

鎌倉の春が近づいてきたような日差しのあたたかさを感じながら、長谷寺へ。

約40本植えられているという梅。さすが「西方の極楽浄土」と言われるだけありますね。紅梅や白梅、そして、黄色の蝋梅なども可憐に美しく咲いています。

この日の梅は、まだ3分咲きといったところでしたが、池のそばに佇む白梅は、長谷寺の一足早い春を彩るには十分でした。

多くの観光客もカメラを片手に、梅を撮影していました。

長谷寺の基本情報
神奈川県鎌倉市長谷3-11-2

【3月~9月】8:00~17:30(最終受付17:00)
【10月~2月】8:00~17:00(最終受付16:30)
※宝物館は9:00~16:00

Closing day

年中無休
※観音ミュージアムのみ火曜日(祝祭日の場合開館)

【金額の目安】〜499円

拝観料
大人:300円 (中学生以上)
小学生:100円
写経・写仏:各一部1,000円

江ノ電長谷駅から徒歩5分
鎌倉駅西口徒歩22分

0467-22-6300
光則寺

長谷寺から徒歩5分。静かな雰囲気で思わず目を閉じて空気の音を聞きたくなるような小さなお寺が光則寺。日蓮と縁のあるお寺です。

山門は朱塗りですが凛とした佇まい。

まだまだ寒く梅や桜はもう少し先というところでしたが、境内には草木がたくさん植えられており本来は一年中自然が楽しめるそう。

この日、参拝していると、不思議なことにお坊さんの格好をしたたくさんの海外の方がやってきて、お経をあげていたのにはすこしびっくり。声の厚みがどこか癒しのサウンドを作り出してくれていました。

光則寺の基本情報
神奈川県鎌倉市長谷3-9-7

7:30~日没

Closing day

年中無休

【金額の目安】〜499円

拝観料100円(高校生以上)

長谷駅から徒歩約7分

0467-22-2077
明月院

別名あじさい寺と呼ばれる「明月院」は、6月は多くの観光客が訪れるシーズンです。

今の季節にあじさいは見られないですが、梅が見頃を迎えていました。黄色いお花は蝋梅、桃色のお花は紅梅だそうです。

この他にも、冬場は水仙や寒椿などが見られます。春は枝垂れ桜、秋は紅葉と年中通して楽しめるスポットだと実感しました。

明月院の基本情報
神奈川県鎌倉市山ノ内189

【6月】8:30~17:00
【通常時】9:00~16:00

Closing day

無休

【金額の目安】〜499円

【6月】(大人)500円、(子供)300円
【通常時】300円均一
 ※6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり(別途500円)

JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩10分

0467-24-3437
駐車場

駐車場はありません

おわりに

今回は2月・3月におすすめの鎌倉の梅スポットをご紹介しました!

歴史ある神社やお寺と梅のコラボは一度訪れる価値ありです!

梅の香しい匂いに誘われて、一足早い春の鎌倉に出かけてみて下さい!